開放的なオフィス

仕事でコワーキングスペースを利用するメリット

三つの多肉植物

時代の移り変わりの中で、ノマドと呼ばれる働き方を選択する人が増えています。こうしたノマドワーカーを中心に利用者が急増しているのがコワーキングスペースです。コワーキングスペースを利用する大きなメリットとして、コストの削減があります。仕事場専用のオフィスをレンタルする場合、家賃や光熱費などで月に数十万円近い出費が必要なのに対して、コワーキングスペースは月単位で、数万円程度で利用が可能です。ノマドでの作業が限られているといった人は時間単位で契約ができる所を選べば、無駄な出費を抑えることができます。
環境の良さも魅力の一つです。ノマドワーカーの中には、カフェやレストランなどで仕事をする人もいますが、こうした公共の場所での作業は、周囲の話し声などの雑音が気になってしまうケースも少なくありません。また、お店によっては作業が禁止されていたり、食事時の長期滞在が禁止されていて、思うように仕事ができないケースもあります。その点コワーキングスペースであれば、いつでも好きなタイミングで利用ができる上に、周囲の雑音を気にすることなく仕事に集中できるのが魅力です。
個人の作業場としての利用だけでなく、会議や打ち合わせなど多用途に使うことができるので、個人事業主として働いている人にも最適と言えます。

コワーキングスペースを選ぶ時のチェックポイント

コワーキングスペースは、企業の方針で自由な働き方が認められている会社員や、個人事業主の人を中心に人気となっています。需要の増加に伴って様々な業者が参入し始めていることで、利用者の選択肢の幅は広まっていますが、お店ごとにそれぞれ特徴が異なるので、気を付けなくてはいけません。
コワーキングスペースを選ぶ上で重要なポイントとなるのが、料金システムとプランです。コワーキングスペースの利用システムは、大きくドロップインと月額制の2種類に分類されています。月額制は文字通り月単位での契約です。それに対してドロップインは日にちや時間で料金を支払うシステムで、不定期で利用する人向けと言えます。大半の店舗が両方に対応していますが、中にはどちらか一方だけというケースもあるので、事前に確認しておくことが大切です。
コワーキングスペースは、利用者の会話が禁止されていたり、別途費用を支払う形で利用できる専用の会議室が用意されているなど、ルールやサービスが細かく違います。そのほか、料理が作れるキッチンや電子レンジなど、便利な設備が用意されていることも珍しくありません。目的に合わせて快適に使用できるかをチェックすることも大事なポイントです。

コワーキングスペースを利用する時に事前に確認しておくポイント

業種や世代を問わず、様々な人達が共同で使用するコワーキングスペースは、需要の増加と共にその数は増えています。個人事業主の仕事場や会社の会議など、自由な使い方ができるコワーキングスペースを利用する場合の注意点の一つが、料金とアクセスの比較です。
一口にコワーキングスペースと言っても、場所によって利用料金は細かく違います。駅から近いなどアクセスがしやすい所は比較的高めに設定されていて、駅から離れる程安くなるのが特徴です。中には費用の安さだけで判断して遠い所を選んでしまったことで、無駄に時間と労力を費やしてしまう失敗例もあります。一つの条件だけにこだわらずに色々な点から考えることが重要です。
営業時間も大事なチェックポイントの一つになります。どんなに利便性が高い所にあっても、自分が働く時間帯に営業をしていなければ意味がありません。24時間営業であれば時間を気にせずいつでも利用は可能です。ただし、24時間のシステムの所は管理費などの問題で利用料金が高くなるケースも少なくありません。また、夜間は管理者がいないことで、利用者同士のトラブルが起こることもあるので注意が必要です。平日や週末だけなど、安全快適に利用ができるのはもちろん、自分の働くスタイルに対応できる環境が整っていることも大切になります。

ピックアップ

イチオシ